患者スピーカーバンク   明日への気づき 患者の語り  

2021.7.4 2021.7.4

【イベント】 第17回患者スピーカー’sストーリー {キャッチ} {タイトル}

患者スピーカーの講演を聞き、感想や気づきを語り合います。
どなたでもご参加いただけるイベントです。
{リード文}

第17回患者スピーカー’sストーリー {キャッチ} {小見出し}

7月4日(日)13:00より、第17回患者スピーカー’sストーリーを来場参加、オンライン参加とも可能な形で開催いたします。
このイベントは、患者スピーカーバンクの研修を受講した患者スピーカーの講演を聞き、参加者の皆さんと感想の共有や意見交換を行うというものです。

今回のテーマは「出会いとつながり」です。

皆さまはこれまでにどのような出会いを経験し、どんなつながりをつくってこられたでしょうか。患者スピーカーが様々な出会いについて考え、経験からの気づきを語ります。社会が大きく揺れ動き、人とのつながりの意味が改めて見直される今、患者スピーカーの講演を聴くことを通して、出会いとつながりについて、「これから」について考えるきっかけとされてはいかがでしょうか。

会員以外のかたもご参加いただけるイベントとなっております。「患者の生の声」を聞いてみませんか?
{本文}

開催概要

◆日 時:2021年7月4日(日)13:00-15:30
◆会 場:中央区勝どき区民館(東京都中央区勝どき1ー5ー1 )
http://www.tafuka.co.jp/tokyo_chuo/tsukishima_kachidoki.php

来場参加もZoomによるオンライン参加も可能です(ご自宅などからアクセスしていただきます)

◆テーマ:出会いとつながり
◆参加費:1,000円(来場参加もオンライン参加も同額です。事前にお支払いをお願いいたします)
◆定 員:来場参加10名、オンライン参加10名(ともに先着順となります)
患者スピーカー:
 片岡信子さん(関節リウマチ)
 千葉豊 さん(若年性脳梗塞)

お申し込みは、下記URLにて承っております。
https://ksbstory-17.peatix.com/

申込み〆切:7月3日(土)22:00

※オンライン参加の方は、後半のグループワークはアプリ(ジャムボード)を使します。事前準備は不要ですが、画面が小さいと操作が難しいため、PCかタブレットでの参加を強くお勧めします(スマホで参加希望の方はご相談ください)。お申込をいただいた方には、操作方法を連絡します。

※Zoom操作方法等、ご不明な点がありましたら、ご連絡ください。別途、ご案内します。

講演者からのコメント

片岡信子さん(関節リウマチ)

思いもよらない「関節リウマチ」の診断はまさに青天の霹靂! 「この病気は治りません」と告げられ、その上、度重なる薬の酷い副作用に、「あなたの場合レアケースですから」と別の科に回され、見放されたような気分でした。
 幸いそんなわたしの体にも合う治療法に出会い、治療に取り組むことに。そして、沢山の出会いが。


千葉豊さん(若年性脳梗塞)

みなさんは、大病をしたらその後の人生は暗く辛いものと考えてはいませんか?確かにそうかもしれません。思っていた生活ができなくなるのですから。あの頃に戻れたなら…人生を振り返っても過去は戻ってきません。脳梗塞を発症して、死ぬ間際から前を見て未来を望んだ結果、たくさんの出会いとつながりの輪が広がっていきました。