患者スピーカーバンク   明日への気づき 患者の語り  

沿革 {キャッチ} History

{リード文}

2011年    :東京大学公共政策大学院主催講座参加者の出会いから、患者の声を医療に活かす活動を始める。

2012年 7月:特定非営利活動法人 患者スピーカーバンク設立
         鈴木信行 理事長就任

     12月:旧研修(初級)スタート

2013年 3月:旧研修(中級)スタート

      4月:ブラッシュアップ研修スタート
     
      8月:旧研修(上級)スタート

2015年 2月:シンポジウム「患者の語りを社会に活かす」を開催(文京区茗荷谷にて)

      6月:香川由美 理事長就任

        :ビギナー研修スタート

      7月:ベーシック研修スタート

2016年 7月:自主開催イベント「患者スピーカー’s ストーリー~プラスを見つけるものがたり~」スタート

2017年 3月:ファシリテーター研修スタート
      
      7月:エキスパート研修スタート

     10月:初の大阪での研修開催

     11月:初の大阪でのイベント「患者の語り」開催

2019年 3月:初めて義務教育学校にて講演とグループワークを開催

      6月:小林真 理事長就任